精神科医師求人ランキング

精神科医師求人TOP >> 精神科の医師求人探しのFAQ> 精神科の医師の勤務時間は?

精神科の医師の勤務時間は?

精神科医の勤務時間は、勤務先が大学病院か単科精神病院かなどによっても異なります。ただし、他の診療科のように毎日帰宅が深夜になったり、何日も帰れなかったりということはほとんどありませんので、比較的勤務時間としては短い方かもしれません。とはいえ、9時〜17時で残業なし、というわけではないので、残業のないサラリーマンなどと比べるとかなり長い勤務時間になります。

大学病院や総合病院など、入院施設のある病院に勤務する場合、外来の担当にあたっているかいないかでその日の業務内容はかなり異なります。外来の診察がある日は、当然新猿時間前には出勤するので出勤も早くなりますし、外来の人数次第では昼ご飯を食べられないほど忙しい日も珍しくありません。精神科の場合、ひとりひとりの患者さんにかかる時間が長くなりやすい初診の患者さんがどれくらいいるかによっても、その日のスケジュールは変わってきます。診察にかかる時間は医師によって異なるので何とも言えませんが、精神科の特性上ある程度時間がかかるのは普通なので、予約制を敷いている病院がほとんどでしょう。予約患者の診察が夕方終っても夜間に勉強会などが入っていることが多いので、帰宅は結局10時を過ぎるという精神科医が多いです。勉強会のないクリニック勤務などの場合は、もっと早く帰宅することができるでしょう。

外来のない日の精神科医は、入院患者の状態を確認したり、治療を行うのが主な仕事になるので、それほど忙しくはありません。出勤にも余裕がありますし、お昼休みも十分に取れます。とはいえ、重度の精神病患者が多く訪れる都会の総合病院などの場合は、医師が精神的な負担を感じることも多く、中には体調を崩してしまう場合もあるなど、決して楽な仕事とは言えないでしょう。また、大学病院に勤務している場合は、大学病院から地方の総合病院などへ派遣されることも多く、自分の意志とは関係なくさまざまな病院で働くことになります。そうなると、勤務時間も当然勤務先の病院に準じるので、もとの大学病院とは違ってきます。

ちなみに、精神科医であっても入院施設のある病院に勤務している場合は夜勤があります。夜勤の忙しさは、救急の有無によって違いがあり、救急がない場合は入院患者のケアのみなのでそれほど忙しくはないのですが、救急がある場合は大変です。夜間救急に訪れる精神病患者は、状態の酷いケースが多いので、精神科医の負担も大きくなりますし、場合によってはそのまま日勤ということになるので、そうなるとかなり勤務時間は長くなってしまいます。

精神科の医師求人探すならココ!TOP5のサイトを決定!

  サービス名 利用料金 精神科医の求人数 対応地域 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 全国対応 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 精神科医の求人数
  • ★★★★★
  • 対応地域
  • 全国対応




TOP

精神科の医師求人探しのFAQ


Copyright (C) 2013-2018 精神科医師求人ランキング All Rights Reserved.