精神科医師求人ランキング

精神科医師求人TOP >> 精神科の医師求人探しのFAQ> 精神科の医師の仕事内容は?

精神科の医師の仕事内容は?

精神科医の仕事内容は、患者さんの精神疾患の診察や治療を行い、患者さんが問題なく社会生活を送れる状態になるようにサポートを行うことです。臨床心理士や心療内科と混同されることもありますが、臨床心理士との違いは臨床心理士が主にカウンセリングによって患者さんの状態を改善させようとするのに対して、精神科医では投薬などの方法も使って治療を行うということにあります。また、心療内科の場合は精神的な要因によって症状が体に現れるのが特徴です。そのため、症状は違うものの、精神的な負担を取り除かなければ根本的な解決にならないことが多く、治療としては精神科と同じような内容が行われることもよくあります。ちなみに臨床心理士は民間資格であり、精神科医や心療内科医のような医師ではありません。

また、精神科の仕事内容は、勤務先によってかなり違いがあります。精神科は病院によって特定の疾患を多く扱っているケースも多く、たとえば統合失調症の患者さんが多い病院もあれば、認知症のお年寄りが多い病院、アルコールや麻薬などの依存に苦しむ患者さんが多い病院などさまざまです。そういった特徴によって病院の雰囲気や医師の仕事内容は異なるので、どの病院を選ぶかは非常に重要です。もちろん総合病院などではあらゆる精神疾患の患者さんを診るため、幅広い知識が必要になります。専門性の高い病院で、特定の分野についてのスキルを高めるか、さまざまな精神疾患の治療を行うことで幅広い知識や経験を積むかは医師によって判断が異なるところです。病院によっては、男性看護師が大半を占めるほど、患者さんが暴れることがあるところもありますし、そういった病院ではどうしても患者さんを拘束したりすることもあります。実際に拘束するのは看護師が行うことが多いのですが、そういった患者さんが多い病院と、認知症のお年寄りが多い病院では精神科医の仕事内容が多少違うのも当然でしょう。もちろん精神科医は専門分野があるにしても、あらゆる患者に対応するスキルは必要になりますが、専門性を高めることも大切です。

具体的な仕事内容としては、患者さんやその家族から症状はもちろん、生活習慣や体調に関する質問を行い、患者さんが困っているその状況を改善する投薬を行うことになります。そのため、精神科医には聞き上手な人が多く、病状などについて細かく聞き出しているのです。勤務先に入院施設がある場合は夜勤などもありますが、精神科は他の診療科のような急患が来ることはまずないので、残業は少なめです。

精神科の医師求人探すならココ!TOP5のサイトを決定!

  サービス名 利用料金 精神科医の求人数 対応地域 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 全国対応 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 精神科医の求人数
  • ★★★★★
  • 対応地域
  • 全国対応




TOP

精神科の医師求人探しのFAQ


Copyright (C) 2013-2018 精神科医師求人ランキング All Rights Reserved.