精神科医師求人ランキング

精神科医師求人TOP >> 精神科の医師求人探しのFAQ> 精神科の医師を辞めたい時は?

精神科の医師を辞めたい時は?

精神科医の仕事は心にストレスをためやすい傾向があります。もちろん他の診療科でも、心に大きな傷を抱えながら職務を全うする医師は少なくありません。他人の健康や命と関係する職務ですから、責任と不安で神経をすり減らすのは仕方が無いと言えるでしょう。その中でも、精神科医は心の面で辞めたくなるケースが多いと言います。肉体的には負荷が少ないのですが、現代では心の疾患を抱えた方が年々増加傾向にあって、一人の医者に対してかなりの数の患者さんがつくケースが増えています。

同じうつ病でもその原因はまちまちですし、対処法も患者さんの数だけあるものです。そのために絶えず手探りの治療を試みなければなりません。これは医師自身の責任が重く、なかなか改善されないケースでは一人思い悩んだり、必要以上に感情移入をしてしまったりと自らが神経疾患に罹る事もあるのです。

また、来院する患者さんの反応がほかの病院の患者さんと異なる事があります。基本的に精神が不安定な状態にありますので、患者さんが医師に対して感情を荒げたり、不安感を示したりして、辛く医師にあたってしまう事はよくあるのです。それでプレッシャーやストレスに負けてしまい、つい辞めたくなる事もありますし、場合によっては治療に対する不満や不理解から患者さんから訴訟を起こされてしまうことも珍しくないのです。ここが精神科医の治療の難しい点です。

目に見えない精神状態を判断するのは医師にも難しいですし、それ以上に患者さんやそのご家族にはもっと困難です。実際に治ったかどうかも、時には医師の方でさえも分からない事があり、治療効果そのものでも問題が生じます。そう言った意味で、精神病の治療では患者さんとのトラブルが生じる可能性が高いとされています。

この様に、医療の現場で生じる様々な問題から、精神科医の方が「もう辞めたい」と悩むケースが出てくるのです。ですが、これは精神科医であれば誰もが経験する試練のようなものと捉える事ができます。多くの精神科医の方がこの難問を乗り越えながらキャリアアップしている事を知っておくと良いでしょう。それでも辞めたくなったら、その時は職場環境を変えてみると良いかもしれません。

転職をして、心気一変やり直してみるのも解決方法としては有効でしょう。せっかく精神科医としての資格を取ったのですから、そう簡単に辞めてしまうのは勿体無い事です。もし都会の仕事が忙しすぎるというのなら、過疎の診療所へ転勤や開業する道もあるかもしれません。

精神科の医師求人探すならココ!TOP5のサイトを決定!

  サービス名 利用料金 精神科医の求人数 対応地域 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 全国対応 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 精神科医の求人数
  • ★★★★★
  • 対応地域
  • 全国対応




TOP

精神科の医師求人探しのFAQ


Copyright (C) 2013-2017 精神科医師求人ランキング All Rights Reserved.