精神科医師求人ランキング

精神科医師求人TOP >> 精神科の医師求人探しのFAQ> 精神科の医師の離職率は?

精神科の医師の離職率は?

医師は全般的に離職率が低い職業だと思われがちですが、これは医師という職種から別の職種に移る人が少ないということであって、病院から病院への転職も含めるとその離職率は非常に高くなります。そもそも、医師は医学部を卒業して医局に入ると、数年で地方の総合病院などに派遣される場合も多く、病院を転々とするのは普通のことです。また、公務員でない限り休日や夜間にアルバイトとして非常勤で別の病院で働く医師も多いですし、ひとつの病院のみで勤務を続けるという意識は薄い傾向にあります。精神科医においてもそれは同じで、開業するにも精神保健指定医の資格を取るまでは勤務として臨床経験を積まなければなりませんから、それを前提に医局で働いたり、資格取得の可能な病院へ転職する人は少なくありません。

しかも、精神科の場合は比較的少ない初期費用で独立が可能なことや、精神科クリニックのニーズが高いことから、転職だけでなく独立開業する人が多いのも一つの特徴です。検査機器や治療機器に莫大な費用が必要な他の診療科に比べて、精神科の場合は機器が少ないだけに開業しやすいのです。また、精神科の場合は認知症や統合失調症、アルコール中毒など、専門性をもつ病院も少なくありませんから、ある程度広範囲の経験を積んだ後に、専門性を高めたいという志向でそういった病院に転職する精神科医も少なくありません。精神科は医師のスキルによって治療の方法や成果も違ってきますから、有名な精神科医のいる病院に転職して、師事したいというケースもあります。精神科医の求人が豊富なだけに、転職を繰り返す医師は少なくないのです。

離職率が高いからと言って、精神科医の労働環境が劣悪だというわけではありません。むしろ、激務で知られる医師の中では、比較的残業も少なく働きやすい診療科で知られています。そのため、離職率が高いと言っても労働環境に不満を持って転職するというよりは、より自分のスキルを活かせる患者さんの多い病院に移動したり、スキルアップのために転職したりといった医師としてのスキル面での転職や、より高い年棒を提示されたりといった待遇アップによる転職が多く、決してマイナスの意味での転職ではありません。むしろ、勤務条件としては良い求人が多いことから、他の診療科から転科してくる医師も多いほどで、精神科医の離職率が問題になるほどではないでしょう。精神科医は、転職することによってステップアップを図っているのが現状といえそうです。

精神科の医師求人探すならココ!TOP5のサイトを決定!

  サービス名 利用料金 精神科医の求人数 対応地域 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 全国対応 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 精神科医の求人数
  • ★★★★★
  • 対応地域
  • 全国対応




TOP

精神科の医師求人探しのFAQ


Copyright (C) 2013-2018 精神科医師求人ランキング All Rights Reserved.