精神科医師求人ランキング

精神科医師求人TOP >> 精神科の医師求人探しのFAQ> 精神科の医師の転職で多い悩みは?

精神科の医師の転職で多い悩みは?

精神科医は他の診療科に比べると残業なども少ないのですが、やはり勤務先によってはかなり忙しい勤務になりますので、転職を考える医師も少なくありません。とはいえ、勤務医の場合は転職しても結局勤務状態があまり変わらないということもあり得ますから、転職後の勤務についてはよく調べてから転職を決めるほうがよいでしょう。

また、精神科医がスキルアップのための転職をする場合によくあるのが、精神保健指定医などの資格取得を目指していたのに実はとれなかったというケースです。現在、医療機関によっては、精神保健指定医の配置が義務付けられている場合もありますから、精神科医のキャリアにとってその資格を取れるかどうかは大きな問題です。その資格取得を目指して転職したのに、その病院では精神保健指定医の資格が取れなかったということで、再び転職先を探すことになりかねません。精神保健指定医の資格取得のためには、3年の精神科実務経験を含む5年以上の実務経験と、児童思春期・器質性精神障害・老年期精神障害・中毒性精神障害・気分障害・措置入院を含む統合失調症3例、合計8例のケースレポートも必要です。これらのケースレポートが揃わない病院もありますので、資格取得を考えている場合はそれが可能かどうかを事前に確認してから転職することが大切でしょう。

最近では、精神科といっても躁鬱病や、自閉症、アルコール中毒など、専門分野を特化した医療機関も増えており、経験に応じてそういった専門性の高い病院に転職するという方法もあります。しかし、この場合は自分の経験の多い専門分野の病院を選ばないと、逆にやりづらくなってしまうので注意したほうがよいでしょう。最近は、他の診療科の医師が激務のために精神科へ転科するケースも増えています。都心部を中心に、精神科医のニーズはまだまだ高いものの、徐々に精神科医不足が解消に向かう可能性もありますので、条件の良い転職をするためには、早めに動いたほうがよいかもしれません。精神保健指定医の資格などを早く取得して、条件の良い転職をするという方法もあります。給料や待遇アップのための転職をするのか、スキルアップのための転職をするのか、または自由な時間をふやすための転職をするのか、人によって転職理由はさまざまですが、自分にとって何を優先して転職先を探すべきなのかを考えてから転職活動をすることが大切でしょう。求人は豊富にありますので、じっくり探したほうがいいかもしれません。

精神科の医師求人探すならココ!TOP5のサイトを決定!

  サービス名 利用料金 精神科医の求人数 対応地域 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 全国対応 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 精神科医の求人数
  • ★★★★★
  • 対応地域
  • 全国対応




TOP

精神科の医師求人探しのFAQ


Copyright (C) 2013-2018 精神科医師求人ランキング All Rights Reserved.