精神科医師求人ランキング

精神科医師求人TOP >> 精神科の医師求人探しのFAQ> 精神科の医師の転科は?

精神科の医師の転科は?

ストレス社会の現代では精神科を受診する人も増え続けており、精神科医の需要も高まっています。しかし、精神科医というのは、精神疾患を抱えた人と接し続ける職業であり、患者さんの状態によっては怒鳴られたり、なじられることもありますし、ネガティブな内容の話を聞き続けなければならないこともあり、それをストレスと感じてしまい精神的に参ってしまう精神科医がいるのも事実です。もちろん、精神科医を志したときにはある程度覚悟はしていたという人でも、予想以上のストレスに転科を考える人は少なくありません。

ただ、精神科というのは内科や外科でも必要とされ、専門家でも必要とされる分野ではあるのですが、精神科から他の科に転科するのは難しいと言われています。逆に内科や外科、専門家から精神科に転科してくる医師は多いのですが、逆になると今までとは異なる専門知識を必要とするため、他の科ではなかなか受け入れてもらえないという現状があるのです。

精神科からの転科で一番スムーズにいくのは、精神科と同様に「こころ」を扱う科である心療内科への転科です。精神科と心療内科は患者からしたら同じような扱いをされていることがありますが、基本的には何らかのストレスや心のダメージによって症状が出てしまった患者さんに対応するのが心療内科です。具体的には、ストレスによって頭痛が続く、胃潰瘍ができてしまった、下痢や便秘が続くなどです。それらの原因の根本的な要因がストレスや心のダメージである場合、心療内科を受診してもらうことになります。

また、これは転科ではなく、転職とも言えますが、産業医としての道もあります。産業医とは企業の労働者の健康管理を行う科のことです。体調を崩して産業医のもとを訪れる人ももちろんいますが、中にはうつ症状が出て、精神科や心療内科に行く前に産業医のもとを訪れる人もいます。現代では気づかないうちにうつ病になっている人も多く、企業側もメンタルヘルス対策には力を入れているところが増えています。精神科や心療内科を訪れるよりも産業医のもとへ訪れるほうがハードルが低いと感じる人は多く、受診する人の多さに驚くかもしれません。産業医としてであれば、今まで精神科で培った経験と実績をフルに生かして働くことができるでしょう。一定以上の規模の事業所には必ず専属の産業医を置かなければいけないという決まりもあり、企業側からの需要も増えていると同時に、今人気の職業のひとつでもあります。

精神科の医師求人探すならココ!TOP5のサイトを決定!

  サービス名 利用料金 精神科医の求人数 対応地域 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 全国対応 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 精神科医の求人数
  • ★★★★★
  • 対応地域
  • 全国対応




TOP

精神科の医師求人探しのFAQ


Copyright (C) 2013-2017 精神科医師求人ランキング All Rights Reserved.