精神科医師求人ランキング

精神科医師求人TOP >> 精神科の医師求人探しのFAQ> 精神科の医師に多いストレスは?

精神科の医師に多いストレスは?

精神科医の仕事は、患者さんが抱えている心の疾患やストレスを解消する治療です。その為に患者さんの置かれている状況を理解して、その上で根気よく改善策を講じていく辛抱強さが要求されます。実はここが医師自身のストレスになる部分です。治療のスピードは基本的に対処量に比例しません。なかなか効果の上がらない現状に気を揉む事もあります。つまり自分の無能を指摘されたくないと焦る気持ちが、そっくりそのままストレスになるという事です。

また患者さんへの感情移入によって、うつ病などの精神疾患を自分自身に被ってしまうケースもあると言います。そういう意味ではリスクの高い診療科目であり、身体的な疾患や疾病に対処する外科・内科の医師とは違って、目で見えない部分の疾患を治療するプレッシャーや、患者さんからの影響によって心を痛めてしまう可能性があるのです。

ですが、患者さんへの感情移入を頑なに拒絶するなら、むしろ「冷たい態度」という印象を患者さんやそのご家族に与えてしまい、大きなマイナスポイントにもなりかねません。またその様な治療態度では、深く傷ついている患者さんの心を癒す効力もないでしょう。この様に、自分自身の体と精神力のあり方が絶えず問われる職種でもあるのです。

もちろん、これは精神科の医師に限った事ではありません。現代社会では、複雑な人間関係で様々なストレスを抱え込んでしまうものです。ある統計では、日本人サラリーマンの内で3分の1が未自覚のうつ病患者だとも言います。つまり精神科医とてストレスに耐えなければならないのですが、精神科医は自分の精神疾患を他の人に相談できないケースが多々あるのです。これがより心の病気をこじらせてしまう原因でしょう。なまじ専門家のプライドが邪魔をして、他の精神科医に診療を頼む事が出来ないのです。

そこで、精神科医の方にはストレス解消法が必須です。比較的、土日祝日にオフの多い職種ですので、そのプライベート時間で心の洗濯をしっかりとする工夫が望まれます。解消法は独自のモノで全く構いません。とにかく現実から心が隔離できる時間を確実に保持する事につきます。それこそ専門分野ですので、これはと思うものから試してみるべきです。そしてこの試みこそが、自己の治療レベルを引き上げる複合効果をもたらしてくれます。よく人は自分の事が一番わからないと言います。これは精神科医とて当てはまる事項だと自覚するべきでしょう。

精神科の医師求人探すならココ!TOP5のサイトを決定!

  サービス名 利用料金 精神科医の求人数 対応地域 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 全国対応 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 精神科医の求人数
  • ★★★★★
  • 対応地域
  • 全国対応




TOP

精神科の医師求人探しのFAQ


Copyright (C) 2013-2018 精神科医師求人ランキング All Rights Reserved.