精神科医師求人ランキング

精神科医師求人TOP >> 精神科の医師求人探しのFAQ> 精神科の医師の副業は?

精神科の医師の副業は?

精神科医として働きながら副業をしている人は、実は意外と多いのです。その中でも人気なのがアパートやマンションなどの賃貸経営です。これは精神科医に限ったことではないのですが、不動産投資で成功している人は医師が多く、医師にとってアパートやマンションなどの賃貸経営は相性がとてもいいと言われています。もちろん賃貸として経営しますから、借主が増えればそれだけの収入になります。本職が忙しい医師であっても、最近は間に管理会社が入って、一定の金額を支払うだけで物件を管理してくれますので、実質手間はかかりません。物件を所有していれば毎月不動産収入があるということになります。

しかし、医師が副業として賃貸経営を行うメリットはそれだけではないのです。医師は自分の持っている不動産をクリニックや病院などの医療施設として使用することができます。それだけで不動産自体に付加価値がつきます。また、将来的に開業を考えているのであれば、その時に場所代・施設代・医療器具代などに莫大なお金が必要になりますが、自分で不動産を所有しているのであれば、独立するときにスムーズに進めることが可能です。精神科医としてクリニックを開業する場合、内科や外科、他の専門家ほど医療器具を必要としませんから、場所が確保できているだけでかなりスムーズに進みます。

また医師というのは世間的に見ても立派な肩書きです。不動産に投資する場合、自分の貯蓄だけでスタートする人は少なく、多くの人が貸し付けを受けてスタートすることになります。この時、医師という職業は信用を得やすく、不動産投資をスタートさせやすい職業と言えるでしょう。

それから、医師というのは他の職業と比べるとかなりの高収入になります。もちろん精神科医であっても勤務地や病院形態、雇用形態によって給与は変わってきますが、それでも一般的なサラリーマンと比べればかなり収入が多い方になります。そうなってくると、それだけ納めなくてはならない税金も増えてくるものです。医師が物件を購入するとその一部は必要経費として認められることになりますので、その結果、税金対策を行えます。

こういった経緯から、精神科医として働いている医師の中には副業として賃貸経営を行っている人が比較的多いのです。医師は高額収入と言えど、それだけ税金を納めたり、忙しい日々を送ることになります。本業をおろそかにせずできる賃貸経営は、かなりメリットがある副業と言えるでしょう。

精神科の医師求人探すならココ!TOP5のサイトを決定!

  サービス名 利用料金 精神科医の求人数 対応地域 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 全国対応 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 精神科医の求人数
  • ★★★★★
  • 対応地域
  • 全国対応




TOP

精神科の医師求人探しのFAQ


Copyright (C) 2013-2018 精神科医師求人ランキング All Rights Reserved.