精神科医師求人ランキング

精神科医師求人TOP >> 精神科の医師求人探しのFAQ> 精神科の医師は不足している?

精神科の医師は不足している?

現在、慢性的な医師不足による医師の激務が問題になっています。その点、精神科の医師の勤務状況は小児科や産婦人科、外科などの医師に比べると比較的勤務時間は短いことで知られています。とはいえ、決して充足しているわけではなく、不足しているという点では変わりありません。

特に不足しているのが、精神科の勤務医です。どの診療科においても、将来的には開業したいという医師は多いのですが、ネックになるのが開業資金です。入院施設のないクリニックであっても、検査機器や治療に必要な機器には莫大な金額が必要になりますし、看護師も雇わなければなりません。その点、精神科の場合は検査などを行うことも少ないため、導入する機器はかなり少なくて済むというメリットがあります。また、一般的に体の不調を感じた場合、内科など普通の診療科は大きな病院で診てもらったほうが安心という風潮があるのに対して、精神科の場合はあまり人に通院を知られたくないと思う人が多いために、ビルの2階以上にある小さなクリニックのほうが受診しやすいと思う人が多いので、立地をよく検討して精神科医としての腕が確かであれば、経営的にも軌道に乗りやすいという特徴があります。しかも、精神科を受診する人は年々増えており、クリニックのニーズも高まっていることから、開業する精神科医が増え、その結果勤務医が不足する状況が加速しているのです。

夜間救急がある精神科などは特に勤務がハードであることから医師が集まりにくい傾向にあり、かなりの高待遇で求人を行っているケースも少なくありません。総合病院の中には精神科を設置していない病院も多いので、どこの病院でも求人があるわけではありませんが、精神科を設置している場合は採用を考えているところも多いでしょう。

また、最近増えているのが認知症など高齢者特有の精神疾患の専門病院です。高齢化社会が進むにつれて、認知症のお年寄りのケアに困る家族が増えており、認知症患者の入院看護を行う病院が多くなってきています。こうした病院では精神科医を配置することで、認知症の進行を食い止めたり、症状の改善を目指すのです。日本の人口構造上、こうした認知症関連の病院は今後も増えることが予想されるため、精神科医のニーズはさらに高まることが予想されます。他の診療科から激務を理由に転科してくる医師もいるのですが、それでも精神科の医師は不足しているのが現状で、今後も簡単に充足しそうにはありません。

精神科の医師求人探すならココ!TOP5のサイトを決定!

  サービス名 利用料金 精神科医の求人数 対応地域 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 全国対応 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 精神科医の求人数
  • ★★★★★
  • 対応地域
  • 全国対応




TOP

精神科の医師求人探しのFAQ


Copyright (C) 2013-2017 精神科医師求人ランキング All Rights Reserved.