精神科医師求人ランキング

精神科医師求人TOP >> 精神科の医師求人探しのFAQ> 精神科の医師の定年は?

精神科の医師の定年は?

精神科医として現役で活躍できるのは一体何歳までなのでしょうか?これは医師免許の特質を考えるとすぐに分かります。基本として、一旦取得した医師免許は生涯を通じて有効だという事です。つまり医師には定年という概念がありません。ただし、病院や公的医療機関などで雇用されている医師の場合は、基本的に65歳を一つの区切りにしているケースがあります。そこを定年ポイントにして考えている医師の方も少なくはないでしょう。

ですが精神科医の場合は、指定医から転職をするケースが目立ちます。それは精神科医の治療方法がカウンセリングと投薬に集中しているからです。長年蓄積された知識とノウハウは高齢になって衰えるものではありません。手先やの動きや体力面での優劣が無い世界ですので、むしろ円熟味を増していく方もいるでしょう。そういった意味で、より専門性や必要性の高い分野の職場に転職を試みるのは有効なのです。この様に定年を見据えて転職先を見つけるも、精神科医としての大事なキャリアプランだと言えるでしょう。

また、ある程度の実績を積んだ精神科医の場合は、個人でクリニックを開業する選択もあります。他の医師と同様に、精神科医において独立開業はよくあるキャリアアップです。特に精神科の開業医の場合は、高度な専門性を活かせば年収が大きくアップする業界です。ですから開業という選択肢は有力な手段です。

そこで開業を考慮した活動を65歳までに進める場合は、準備期間をどの様にプランニングするかがポイントとなります。まずは独立しても集客の見込めるネームバリューを付けておかなければいけないでしょう。また自分を指名してくれる患者さんの確保も大事になってきます。もちろん、開業資金を貯める努力も必要ですし、融資等も準備しておかなければいけません。独立を目指して、定年のない医師活動を望む方は日頃の働き方を意識的に作っていく様にするべきでしょう。

ここで開業に必要な資金についてちょっと触れておきます。一般的な平均値として2,000万円前後が必要だとされています。これは他のクリニックと比べても低額です。精神科医の場合、クリニックの設備は極めてシンプルな形になります。大がかりな手術設備や検査機器がありませんから、むしろ開業はしやすいのです。ただし、競争が激しいカテゴリーでもありますので、精神科・心療内科の開業には融資が出にくい場合もある事も知っておきましょう。同時に、立地と集客方法においても周到なプランをもって臨まなければなりません。この様に、精神科医の方は定年の無い活動をする事ができますが、そのプランは早い段階から考えておくと良いでしょう。

精神科の医師求人探すならココ!TOP5のサイトを決定!

  サービス名 利用料金 精神科医の求人数 対応地域 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 全国対応 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 精神科医の求人数
  • ★★★★★
  • 対応地域
  • 全国対応




TOP

精神科の医師求人探しのFAQ


Copyright (C) 2013-2017 精神科医師求人ランキング All Rights Reserved.