精神科医師求人ランキング

精神科医師求人TOP >> 精神科の医師求人探しのFAQ> 精神科の医師の転勤事情は?

精神科の医師の転勤事情は?

心の病気を患う人は年々増えている傾向にあります。学生であっても学校で受けるいじめや受験と言ったストレスで心を病んでしまう人もいますし、社会人になれば競争社会でのストレス、上司からのストレス、中間管理職の人が人の間に立つことによるストレス、上に立つ人であってもストレスを抱えていることは少なくありません。そんな時代ですから、精神科医の需要は年々増えつつあります。内科や外科、専門科でも精神疾患を併発している人を診ることはあり、その経験を経て精神科に転科してくる医師もいます。

日本全体の医師のうち約5%が精神科医と言われており、この数は年々増えています。医師の中でも人気の高い診療科と言えますが、この中で転職を優位に進めていくためには、精神科医としての実績だけでなく、精神保険指定医資格を持っておくことがポイントです。この資格は法律で定められている資格の一つで、簡単に言えば、「法律に基づいて精神疾患を持つ患者を入院させる権限を持つことができる」資格です。精神疾患を持って精神科を受診する患者さんの中には、医師判断で入院措置が必要と考えられる場合もあります。患者さんの中にはこれを拒否する人もいるのですが、精神保健指定医資格を持っていればこれを強制的に行うことができるのです。この資格を持っているといないのとでは、できる医療行為にも差が生まれますから、この資格を持っている方が転職には有利に働くのです。

また、精神的なストレスが原因で内科的な症状が出てしまう患者さんはとても多いです。頭痛や胃痛、胃潰瘍、便秘、下痢などはこれに当たります。精神科医として心を診るというポイントも大切ですが、同時にこういった内科的症状にも判断を下していかなければならないため、内科での経験を持っている医師というのも転職の際には優遇される傾向にあります。それから、女性特有の悩みというものに理解を求められることもありますから、出産・育児経験がある人が優遇されることもあります。

またもちろん、大都市にはかなりの数のクリニックや診療所があり、精神科医のニーズは常にあるのですが、それよりも中規模都市での需要がかなり増えている傾向にあります。精神科医の必要性が見直されてきている現在では、今まであまり精神科がなかった中規模の都市に精神科が増えてきており、精神科医不足になっているところもあるのです。転職を考えている人で、特に勤務地に希望がない場合は、地方都市など中規模都市での転職も視野に入れておくと、選択の幅が広がります。

精神科の医師求人探すならココ!TOP5のサイトを決定!

  サービス名 利用料金 精神科医の求人数 対応地域 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 全国対応 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 精神科医の求人数
  • ★★★★★
  • 対応地域
  • 全国対応




TOP

精神科の医師求人探しのFAQ


Copyright (C) 2013-2017 精神科医師求人ランキング All Rights Reserved.