精神科医師求人ランキング

精神科医師求人TOP >> 精神科の医師求人探しのFAQ> 精神科の医師に多い退職理由は?

精神科の医師に多い退職理由は?

需要が高まり、年々医師数も増えている精神科医ですが、中には精神科医として働くことをやめる決断をする人もいます。どのような理由で精神科医を退職してしまう人がいるのでしょうか。転職を考えるうえで、知っておくべきことですからしっかりチェックしておきましょう。

基本的に精神科というのは、人の生死にかかわることがあまりないので、医師としてのプレッシャーやストレスを感じにくいと言われています。しかし、病床があるような病院で精神科医として働く場合、日勤だけではなく、当直や夜勤で患者さんと接する必要もあります。また重度の患者さんを抱えていれば、患者さんに怒鳴られたり、ののしられたり、ひどい場合は暴力を振るわれてしまうことすらあるのです。精神疾患が原因ですし、その言葉や行動に深い意味がないことがほとんどですが、それが毎日続けば、どんな人間でも精神的に参ってしまう可能性は十分にあるでしょう。人の生死を左右しないと言われていますが、精神疾患が原因で自殺を図ってしまうようなケースもあり、そういった状況に直面すると、精神科医も強いストレスを受けることになります。その結果、退職もしくは転職を考える精神科医もいるのです。病院・クリニックによって診ている患者さんの状況が違ったり、医師数によって一人の医師のもつ負担が大幅に変わってきます。

精神科医として日々患者さんと接する仕事をしたいと考えていたのに、臨床ではなく管理業務に追われてしまって退職を考える人もいます。これは病院やクリニックの規模、病院の方針や医師の経験・実績にもよるのですが、いくら経験や実績が認められているとは言え、臨床で働き続けたい医師にとっては、管理業務ばかりの日々にやりがいを感じないというケースもあるようです。それから、もちろん待遇面が退職理由になることもあります。小さなクリニックで医師数が少ないのに、患者数が多ければ、一人の医師が受ける負担はかなり大きくなります。それなのに待遇が十分ではないと感じれば、退職を考えるには十分な理由になるでしょう。

そして、ステップアップを考えて退職する精神科医もいます。今よりももっと経験を積むことができる環境に身を置きたい、自分の力を試したいと考えている医師はかなり多いです。働いている場所・環境によって仕事の内容も大きく変わるため、今後のキャリアを考えた時に現在の職場を退職しようと考える精神科医は多いのです。

精神科の医師求人探すならココ!TOP5のサイトを決定!

  サービス名 利用料金 精神科医の求人数 対応地域 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 全国対応 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 精神科医の求人数
  • ★★★★★
  • 対応地域
  • 全国対応




TOP

精神科の医師求人探しのFAQ


Copyright (C) 2013-2017 精神科医師求人ランキング All Rights Reserved.