精神科医師求人ランキング

精神科医師求人TOP >> 精神科の医師求人探しのFAQ> 精神科の医師で必要な資格は?

精神科の医師で必要な資格は?

精神科医の概要は「社団法人日本精神神経学会(以下、学会)の制定する精神科専門医制度は、患者の人権を尊重し、精神・身体・社会・倫理の各面を総合的に考慮しつつ、精神医学および精神科医療の進歩に応じて、精神科医の態度・技能・知識を高め、すぐれた精神科医の養成と生涯にわたる相互研鑽を図ることにより、精神科医療、精神保健の向上と社会福祉に貢献し、もって国民の信頼にこたえることを目的とする」という少し長めの概要があります。

上記を目的とした精神科専門医になるには3つの要件を満たしておかなくてはいけません。それは1.日本国の医師免許証を有するもの、2.専門医研修の開始時に学会員であるもの(平21年に改定)、3.5年以上の臨床経験を有するもので、研修施設において施行細則に定める研修ガイドラインにより精神科臨床研修を3年以上受け、その課程を修了したもの。これらを全て満たし、精神科に就職した医師の方が世間では精神科医として認められています。医師免許を取得するには、専門医認定試験に合格しなければなりません。

これは非常勤であっても同じことで、精神科に医師として勤めるには必須です。医学部に通い6年間勉強した後に国家試験を受けるため、精神科医になるにはかなりの時間と学費がかかります。しかし医師全般年収は極めて高いため、数年で元は取れるとされています。と言ってもかなり長い道のりになるので、精神科医を目指す方は若いうちから決断しておくことが賢明ですね。最低でも20代後半までには医学部に通っていなければ厳しいでしょう。

ちなみに、医師国家試験の合格率はほとんどの大学医学部で90%前後と司法試験などに比べると高いです。しかし受かればいい訳ではなく、あくまで医学の正規の過程を修めて卒業することが前提なのでそう簡単になれるものではありません。医学部自体の合格率も考えると、医師になるには大きな覚悟と努力が必要になるのです。

医師になるには特別年齢制限が設けられている訳ではありません。中には30歳で医学部に入る方もいるようです。しかし年齢が高くなればなるほど、新卒採用の確率は低くなります。転職の場合、あまり年齢を気にしなくていいのは即戦力があるからです。新卒を一人前の医師に育てるために一人にかかる費用は莫大なものです。国に貢献できる時間が短ければ短いほど、採用率は下がるので医師として働きたい方は早い段階で医療の道を決めておきましょう。

精神科の医師求人探すならココ!TOP5のサイトを決定!

  サービス名 利用料金 精神科医の求人数 対応地域 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 全国対応 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 精神科医の求人数
  • ★★★★★
  • 対応地域
  • 全国対応




TOP

精神科の医師求人探しのFAQ


Copyright (C) 2013-2017 精神科医師求人ランキング All Rights Reserved.