精神科医師求人ランキング

精神科医師求人TOP >> 精神科の医師求人探しのFAQ> 精神科の医師の配置基準は?

精神科の医師の配置基準は?

当たり前の話ですが、精神科にも配置基準があります。病院の規模や有床の有無、外来か入院かで配置基準は大きく変わってくるとはご存じの通りですが、仮にそうした配置基準を計算に入れて転職活動をしたら、入りやすい医療機関、入りにくい医療機関が見付けやすいのではないでしょうか? そこで今回は、精神科医の配置基準を意識しながら転職先をどのように確保すればいいのかを考えたいと思います。

■精神科医は100床以上の病院がお勧め
あらためて精神科の配置基準を確かめると、外来の場合は40対1、入院でも100床以下の病院は48対1、100床以上の病院や大学病院は16対1という基準が厚生労働省によって定められています。 精神科医としてはどのあたりを狙うべきなのでしょうか? もちろんその人本人の好みや志によっても異なってくるでしょうし、家庭の状況などにもよると思うのですが、基本的には100床以上の民間病院がいいと思います。 その理由は幾つかありますが、

1. 100床以上の病院は16対1の医療を実現するために医師の確保が課題になっている
2. 大きな民間病院は一般的に待遇もいい


という理由が主にあるからです。例えば1番のメリットに関してですが、16対1の医療を実現するために、100床以上ある病院は医師の確保で苦労をしています。東京や大阪、名古屋や福岡、札幌のような大都市にある100床以上の病院であれば問題はありませんが、その他の地方都市や地方の中でも山間部や離島にある100床以上の病院は医師の確保が急務です。 そうしたニーズのある病院に応募をすれば、待遇ももちろん上乗せが期待できます。採用もされやすいので、地方にある100床以上の病院が最も精神科医にとっては狙い目だといえるかもしれません。

■地方の病院を探すには
もちろん現在の環境や家族があり、地方都市には動けない、山間部や離島には動けないといった人はもちろん居ると思いますが、動けるという先生は地方にある有床の大きな民間病院を、転職エージェントやハローワークなどのサービスを使って探すといいと思います。

ちなみにその手のサービスになじみの薄い先生も多いかと思いますが、インターネットから全国の求人をすぐに検索できるようになっていますし、登録をして実際に求人の紹介をお願いすれば、かなり突っ込んだ情報も教えてくれます。非常に使えるサービスなので、ぜひとも利用を検討してみてください。

以上、精神科医の配置基準からお勧めの転職先を考えましたが、いかがでしたでしょうか? もちろん好みも家庭環境も現在住んでいる場所も先生によって全く違うので、全員にお勧めの医療機関などは断定できませんが、身ひとつで自由が利くという先生は、100床以上の規模がある地方都市の民間病院を選ぶと、待遇的にも採用の難易度から考えてもお勧めだと語りました。 ただ、土地勘のない場所での職探しは大変なので、その意味でもハローワークや転職エージェントを積極的に利用してみてください。

精神科の医師求人探すならココ!TOP5のサイトを決定!

  サービス名 利用料金 精神科医の求人数 対応地域 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 全国対応 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 精神科医の求人数
  • ★★★★★
  • 対応地域
  • 全国対応




TOP

精神科の医師求人探しのFAQ


Copyright (C) 2013-2017 精神科医師求人ランキング All Rights Reserved.