精神科医師求人ランキング

精神科医師求人TOP >> 精神科の医師求人探しのFAQ> 子育て向きの精神科医の求人は?

子育て向きの精神科医の求人は?

女性医師で育児の必要がある場合は、男性医師と比べても休職率が断然高くなります。その理由は医師の勤務形態が不規則である事が大きな原因かと思われます。もし救急患者を扱う部署であれば、3交代のフル稼働で働かなければなりませんし、また一般病棟の担当医でも日勤・夜勤のローテーションになるケースは多いと言えるでしょう。

そう考えると、精神科医の勤務スケジュールはまだ女性医師向けだと言えます。精神科医の職場は基本を9時〜5時に定めているところがほとんどですし、土日・祝日もまず休みになっています。また残業や休日もそれ程ありません。この様な勤務形態であれば、何とか子育てと仕事を両立する事は可能でしょう。つまり正規雇用の形でも、t勤められる方が多くいるという事です。

子育てをしながら働く女性医師にとって重要なポイントは、まず仕事と子育てを自分だけで抱え込まない事でしょう。できる限り家族の協力を得て、なおかつ託児所やベビーシッターを利用できる環境造りをするべきです。近年の精神科医の求人状況は活況で、正規雇用からアルバイト・パートでの募集も見られます。それは年々、精神病患者が増加していく傾向にあるからです。

例えば『うつ病患者』は、現在日本人の4人に1人とも言われています。この数値は潜在的なうつ病も含めての数ですが、それだけ精神科医が必要とされている現実を示しています。また急速な高齢化によって、高齢者向けの訪問診療も増えていますので、精神科医のニーズは高まるばかりなのです。

そこで、子育てをしながら働く女性精神科医に適している職場はどうかと言いますと、育休などの有休を気兼ねなく利用できる環境を持っている事が挙げられます。9時〜5時の定時勤務でも、必要があれば早退や遅刻をある程度融通してくれる条件もあると好ましいでしょう。また小さなお子さんのある方には、託児システムを備えている職場を選ぶ事もできますし、近所に信頼できる施設があればそれも有効でしょう。

そしてもし、フルタイム勤務が難しいのであれば、先にあげた訪問診療などをパートの形で選ぶ事も可能です。訪問治療システムにはかなりフレキシブルなシフトもありますので、ピンポイントの勤務が可能かもしれません。それらの職場を探すにあたっては、精神保健指定医の資格を持っていると優遇されますから、まずはその資格を取っておいて、その上で家庭の事情に合わせた職場選びをすると良いかもしれません。

精神科の医師求人探すならココ!TOP5のサイトを決定!

  サービス名 利用料金 精神科医の求人数 対応地域 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 全国対応 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 精神科医の求人数
  • ★★★★★
  • 対応地域
  • 全国対応




TOP

精神科の医師求人探しのFAQ


Copyright (C) 2013-2017 精神科医師求人ランキング All Rights Reserved.