精神科医師求人ランキング

精神科医師求人TOP >> 精神科の医師求人探しのFAQ> 年齢不問の精神科医の求人は?

年齢不問の精神科医の求人は?

一般的に『医師業に定年なし』とはよく言われます。60代で病院やクリニックを定年退職した方でも再就職の道はたくさんあるものです。一般の求人をチェックしてみますと『年齢不問』の条件を提示しているものが少なくありません。特に精神科医の場合は、年齢が不利になりづらいカテゴリーと言えるでしょう。60歳を超えて、ますます円熟を見せる精神科医は多いものです。そんな実力のある高齢の精神科医が、安心して再就職できる職場選びには、どんなポイントがあるのでしょうか?

まず、都市部にある地域密着型の精神科クリニックが狙い目でしょう。スキルもキャリアも十分な転職ですから、即戦力として重宝されることでしょう。給与形態に関しては職場ごとで多少の違いはありますが、その点は事前に求人サイトなどを利用して、しっかりと情報収集をすると失敗しなくて済みます。

また、現在では精神疾患の低年齢化も心配されています。そこで円熟したベテラン精神科医のニーズが高まっているのは事実です。求人は精神保健福祉センターや、地域住民の心のケアを行う公的な医療機関などからも出されています。もし地元で貢献したいと考えているのであれば、役所などに問い合わせてみる事もできるでしょう。

近年では超高齢化社会となっており、来院の不自由な高齢者の方々が在宅治療を望んでいます。その様なニーズはたいへんに高く、現在は訪問診療をする精神科医が広く求められています。この分野でも年齢不問が基本ですので、是非チェックすることをおすすめします。

それから、現在もっとも人気が高い精神科医の転職先として、産業医があります。ここでは従業員のメンタルヘルスを管理するために、企業が独自に精神科医を雇う形になります。主な仕事としては、カウンセリングや就業環境のチェック、そして改善案の提言などを行います。また、うつ病や無気力病などの精神疾患を抱えてしまった従業員の方の診察や、もし従業員が休職状態であれば復職へのアシストも行っていきます。産業医の場合、残業や休日出勤のないゆとりのある環境で働けるのは大きなメリットです。

この様に60代の精神科医の方の再就職の社会のニーズは高まっています。資金的な面やクライアントの確保に有利な方には、思いきって独立開業の道もあるのではないでしょうか?長年培ったノウハウと人脈を有効利用して、ご自身の診療スタイルを世間に提供するのも良い方法でしょう。

精神科の医師求人探すならココ!TOP5のサイトを決定!

  サービス名 利用料金 精神科医の求人数 対応地域 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 全国対応 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 精神科医の求人数
  • ★★★★★
  • 対応地域
  • 全国対応




TOP

精神科の医師求人探しのFAQ


Copyright (C) 2013-2018 精神科医師求人ランキング All Rights Reserved.