精神科医師求人ランキング

精神科医師求人TOP >> 精神科の医師求人探しのFAQ> 精神科の医師の志望動機は?

精神科の医師の志望動機は?

精神科医になる人は、一体どのような志や目標を持っているのだろうか?この様に考えた事のある精神科医志望の学生さんは多い事でしょう。精神科医の扱う病気は目に見えない心の部分に関わるものですから、この分野に進みたい方の志望動機は、きっと特別なものがあるのではと考えるかもしれません。しかし、医師としては病を治す点でみな共通であり、けっして特殊な側面を持っているわけではないのです。自殺者が3万人を上回るストレス社会にあって、むしろ精神科医はとても必要とされている医師です。その志望動機としては、精神の病に苦しむ方々を助けたいという正義感であっても良いのでしょう。

日本は21世紀に突入して、うつ病を始めとした精神疾患や適応障害、あるいは自律神経のバランスを崩す事から発する様々な機能障害に侵されています。これは外科的治療では対処できない部分で、精神科医に大きな期待が掛かっています。そういったニーズが高まる事で、近年では精神科の志望者数が増加の一途にあり、その数は医局に入れない方も出るほどの人気ぶりです。

そこで精神科医を目指す医学生は、まず志望動機を明確にするべきでしょう。これまでの実例を見ますと、精神障害を持つ方を治したいという純粋な気持ちもありますし、精神医学の発展に貢献したいという夢もあります。また給料面で精神科医を目指す人も少なくありません。

それからもう一つ、仕事内容が緩やかである点があります。治療の中心はカウンセリングと投薬で、救急外科治療の様に必死の手術で死と対峙する職場環境ではありません。この様な働き方に魅力を感じている方もいます。それと同時に勤務体系が固定的で、定時勤務の職場も多く見られます。残業や日曜・祝日出勤もあまり見られませんので、プライベートな時間を有意義に利用できるメリットもあります。

しかし、医師としてのステータスを考慮すれば、名声のある大型の精神病院や総合病院で、第一線の活躍を求めるのも志望動機としては有効でしょう。上昇志向をもって治療に臨む姿勢は、これからの精神科医界にとって貴重な存在として評価される事でしょう。未開の分野にさらなる研究を進め、新たな治療法を見出していく夢を志望動機にする事もできます。そう言った意味で、将来的に展望の明るい精神科医界へ、積極的に転職を望んでいる現役医師も少なくありません。その様な方々との競争になる場面もあるでしょう。ですから明確な志望動機をしっかりと持って、精神科医としての自らの将来像をアピールできる様に準備しておく事が肝心です。

精神科の医師求人探すならココ!TOP5のサイトを決定!

  サービス名 利用料金 精神科医の求人数 対応地域 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 全国対応 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 精神科医の求人数
  • ★★★★★
  • 対応地域
  • 全国対応




TOP

精神科の医師求人探しのFAQ


Copyright (C) 2013-2018 精神科医師求人ランキング All Rights Reserved.