精神科医師求人ランキング

精神科医師求人TOP >> 精神科の医師求人探しのFAQ> 精神科の医師になるには?

精神科の医師になるには?

神科医の分野は医学の中でも歴史が浅く、まだまだ進歩段階にあると言えます。まして日本の医学界の中ではその位置付けも曖昧な部分があって、総合病院とはいえ精神科の設置がなされていないケースが多々見られます。

現時点では、精神科においてうつ病や躁うつ病、統合失調症を投薬とカウンセリングによる精神療法で治療する診療科があります。またアルコール依存・薬物依存症の治療や、事故などによる心的外傷ストレス障害・パニック障害なども精神科の担当となります。しかし神経内科とは別のカテゴリーで、脳梗塞や認知症などの脳の治療は行いません。ただし、心療内科は精神科とほぼ同カテゴリーと言えます。ここには精神科出身の方が多くいるのも事実でしょう。

この様に精神科では目に見えない病気の治療を専門とするために、心理学などのジャンルに精通している事が必要となります。またカウンセリングは重要な治療技術ですので、人の話を丁寧に聞き、的確な洞察力をもって状況把握をするコミュニケ―ション力も求められます。

精神科医になるためには、日本の大学の医学部で6年間の学習を経て、国家試験を受けなければなりません。これは海外の医学大学で学んだ実績ではなく、あくまでも日本の医学大学での修学歴をもって受験資格が与えられます。そして医師資格を得て、2年ほどインターンを務めます。こうして、インターン終了後に初めて専門科目を選ぶことができるのです。

つまり、ここまでは他の医学生と同じ道を辿るという事になります。インターン終了後に診療科に入れば、ここから本格的に専門分野の実習です。その中では重症な疾病、つまり緊急な疾病の治療法を学ぶ事になります。

精神科では、アルコール中毒・麻薬中毒者などの対応を実践するケースが多々あります。具体的には覚せい剤中毒患者などが警察に連行されて、精神病院などへ緊急入院依頼が入ります。この様な入院治療は大手精神病院で行われていますが、新任の精神科医の場合はその様な職場に配置される可能性が高いでしょう。そこでは24時間365日体制の勤務で、実力を付けていく事になるのです。この下積みは約5年間が一般的です。

この下積みを経験した後に、初めて精神分析や精神生理学、それに社会精神医学といった専門分野を学ぶステージへと進んでいきます。先にも述べた通り、日本の精神科の歴史がまだ浅いために、個々の医師が独自の治療法を模索している段階でもあります。そこで新人医師は特定の師匠の下に就いて、助手としての仕事をこなしながらマンツーマンで学ぶ事になります。こうして一人前のお墨付きを師匠から頂いて、初めて独立できるのが一般的です。

精神科の医師求人探すならココ!TOP5のサイトを決定!

  サービス名 利用料金 精神科医の求人数 対応地域 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 全国対応 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 精神科医の求人数
  • ★★★★★
  • 対応地域
  • 全国対応




TOP

精神科の医師求人探しのFAQ


Copyright (C) 2013-2018 精神科医師求人ランキング All Rights Reserved.