精神科医師求人ランキング

精神科医師求人TOP >> 精神科の医師求人探しのFAQ> 高収入の精神科医の求人は?

高収入の精神科医の求人は?

求人ニーズの高い精神科医の給与条件は、基本的に高収入になっていると言えます。それは精神科医の平均年収が高いことが理由です。ちなみに精神科医の平均年収は1400万円前後になります。また東京や神奈川などといった首都圏以外の地域の精神科医では、平均額以上の年収を得ている医師が全体の半数以上を占めています。そのため、1400万円あたりの条件を付けている求人もよく見かけるでしょう。

ただし、一つ知っておいていただきたいのが、関東圏内では年収1400万円以上の精神科医が、なんと全体の3割以下になっているという事です。つまりは、首都圏より地方の職場を選ぶ方が高収入を得られるのです。通常は首都圏の方が高収入ということが多いのですが、精神科医に限っては反対の現象が生じているようです。

では年齢ごとの年収はどうなっているでしょうか?一般的に大学・国公立の病院では、研修医時代を含む20〜30歳までが年収600〜1000万円、30〜40歳までが1000〜1400万円で、後は1400〜2000万円までといった相場になっています。しかも、大学病院では年収2000万円以上を貰っている方はほとんど見られません。

しかし民間病院はもう少し高収入の可能性が高く、半数近くが1400〜2000万円あたりの年収を得ていて、2000万円以上貰っている方も全体の15%以上というデータになっています。つまり精神科医では、大学・国公立病院よりも民間のクリニックや病院の方が高収入なのです。この点を踏まえて職場選びをすると良いでしょう。

また、精神科医の年収を性別で比べてみますと、男性の方が同じ役職で300〜500万円ぐらい高い傾向にあります。女性の精神科医が得ている年収で最も多いレベルは、年収1000万円から1400万円です。これは女性の精神科医が結婚や育児によって、実質の勤務日数が減る事から生じています。その点を考えれば、女性精神科医が高収入を得ようとするならば、育休や産休について積極的に支援してくれる職場を選ぶべきでしょう。

転職希望の男性精神科医が望む年収については、おおよそ1400万円〜2000万円だと言われています。女性の方でも1000万円ぐらいが現状です。女性の希望が控えめなのは、家事・育児との両立が出来る事を踏まえた希望額で、転職活動では高収入な求人ばかりではなく、働く環境を重視する傾向にあるのでしょう。現在は精神科医不足の時代です。そのため、今後さらに求人条件が向上する可能性は十分にあります。そう言った将来性もビジョンに入れて、就職・転職に活かしていく様におすすめします(数値は全て2016年度現在のもの)。

精神科の医師求人探すならココ!TOP5のサイトを決定!

  サービス名 利用料金 精神科医の求人数 対応地域 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 全国対応 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 精神科医の求人数
  • ★★★★★
  • 対応地域
  • 全国対応




TOP

精神科の医師求人探しのFAQ


Copyright (C) 2013-2018 精神科医師求人ランキング All Rights Reserved.