精神科医師求人ランキング

精神科医師求人TOP >> 精神科の医師求人探しのFAQ> 精神科の医師は忙しい?激務?

精神科の医師は忙しい?激務?

医師は一般的に激務であることが知られていますが、それは勤務する医療機関や診療科によってかなり違いがあります。特に精神科医の場合は、比較的拘束時間は短いところが多いのですが、病院によっては医師不足で夜勤が多かったり、休みがとりにくかったり、残業が多いところもあります。そのため、一概に精神科医が激務というわけにはいきません。少なくとも小児科や産婦人科、外科などにくらべると時間に融通が効きやすいと言われていますが、精神的にはかなりハードな仕事だということも言えます。

まず、精神科に限らず医師の拘束時間は勤務する病院によって全く違いますし、開業医も含めるとその違いはさらに大きくなります。一般的に、個人で開業しているクリニックの場合は入院施設がないため、夜勤は全くありませんし、クリニックが休診になる日曜祝日は確実に休みをとることが可能です。一方、総合病院や入院施設のある精神科病院に勤務する場合は、夜勤や残業もありますし、院内の勉強会のスケジュールなど、拘束時間は長くなりがちです。他の診療科のように何日も帰ることができないということにはなりませんが、やはり忙しいところは毎日ある程度残業をすることになるでしょう。病院によっては、基本的に定時で帰ることができる場合もあるので、プライベートの時間をしっかり取りたいという人は、残業がない病院を探すのが良いかもしれません。その代り、残業代がないことで給料が安くなることもありますので、その点は覚悟しておいたほうがよいでしょう。逆に、給料が他の医療施設を比べて格段に高いところは、ハードな面があると考えてよいかもしれません。

それよりも、精神科の場合は精神疾患の患者さんの治療をひたすら行うということから、医師も精神的な疲労を感じることも多いです。いくら精神疾患に関するプロといえども、精神病患者を毎日相手にすることが負担になって転科する精神病患者もいます。患者さんに感情移入してしまうタイプの医師は特に精神的な疲労を感じやすいので、注意したほうが良いでしょう。

また、精神科医の場合は診断書の作成を求められることが多かったりと、事務作業も他の診療科に比べて多い傾向があります。他の疾患に比べて会社や学校に提出するための病気である証明が求められやすいのです。診察や治療はもちろん、こうした事務作業に追われて残業が発生する病院も多いので、そういった作業がどの程度あるのかも、事前に確認しておくのがおすすめです。

精神科の医師求人探すならココ!TOP5のサイトを決定!

  サービス名 利用料金 精神科医の求人数 対応地域 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 全国対応 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 精神科医の求人数
  • ★★★★★
  • 対応地域
  • 全国対応




TOP

精神科の医師求人探しのFAQ


Copyright (C) 2013-2018 精神科医師求人ランキング All Rights Reserved.