精神科医師求人ランキング

精神科医師求人TOP >> 精神科の医師求人探しのFAQ> 精神科の医師の適性(向き・不向き)は?

精神科の医師の適性(向き・不向き)は?

どの診療科でも患者さんとのコミュニケーションは大切ですが、精神科医はそのコミュニケーションの内容が治療に直結する特殊な診療科です。そのため、コミュニケーション能力は精神科医には必須でしょう。患者さんに信頼されないと診断を行うことすら困難ですし、治療も上手くいきません。また、精神科の場合は患者さんの症状によって暴言を吐かれたり、場合によっては突然暴れたりする場合もあります。そんな時に精神科医がいちいちイラッとしていたのでは勤まりませんから、患者さんの暴言も病気によるものだと冷静に判断できることや、ひとりの患者さんのしょうじょうを引きずることなく切り替えて次の人の診察ができる割り切りなども必要になってくるでしょう。また、相手に言われたことを気にしてしまい、クヨクヨする性格の人にもキツイ仕事です。

また、精神科医は時間をかけて患者さんの話を聞き、治療を行う仕事です。親身になって話を聞かないと信頼を得ることはできませんが、感情移入しすぎると精神科医の精神が病気の影響を受けてしまいかねません。また、陽性転移などによって恋愛感情に近い依存を行う患者も少なくありませんので、そんな感情に引きずられて関係を持ってしまうリスクもあります。患者さんには親身になりながらも、冷静さを失うことなく接することで一定の距離を取れる人でないと、自身が精神病のような状態になりかねないのです。

しかも、精神病の場合は治療を行ってもすぐにその成果が出るわけではありません。徐々に症状を改善させ、治ったかなと思っても長い時間をかけてケアしなければ再発することも多いです。そのため、すぐに目に見えた成果が上がらなくても気長に治療ができる人のほうが精神科には向いていると言えるでしょう。精神疾患の治療において、もちろんセオリーはありますが、人によってそれが効くかどうかは違ってきます。同じ症状の患者さんでも、効く薬の種類が違うことも多いですし、相手に合せて接し方を変えることも重要です。そういう点では精神科の医師の仕事は奥が深く、経験を積むことでスムーズにできるようになることも多いです。精神疾患の患者さんは、それぞれさまざまな人生を送っており、それが症状に与えている影響も大きいため、精神科医にもそれを受け止めるだけの人生経験や取り組む姿勢が求められるのです。つまり、自らの経験も治療に生かしながら、それでいて割り切って治療ができる性格であることも重要になってくるということです。

精神科の医師求人探すならココ!TOP5のサイトを決定!

  サービス名 利用料金 精神科医の求人数 対応地域 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 全国対応 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 精神科医の求人数
  • ★★★★★
  • 対応地域
  • 全国対応




TOP

精神科の医師求人探しのFAQ


Copyright (C) 2013-2017 精神科医師求人ランキング All Rights Reserved.