精神科医師求人ランキング

精神科医師求人TOP >> 精神科の医師求人探しのFAQ> 20代歓迎の精神科医の求人は?

20代歓迎の精神科医の求人は?

20代の精神科医となると、まだまだ若手で医療機関の側も使い勝手に困るかもしれません。ただ実際は、何らかの事情で医局を離れようと考え、転職活動をしている20代の精神科医も少なくないと思います。 そこで今回は、20代の精神科医がどうやって若手歓迎の求人を考えるべきなのか、またどのように探すといいのかをまとめてみたいと思います。今まさに20代で精神科医として求人を探しているという方は、ぜひともチェックしてみてください。

■転職エージェントを利用して探す
20代の精神科医は、研修を終えたばかりの状態なので医療機関も即戦力としてはなかなか計算できない面があります。ただ、今後長く勤務するという意思を採用面接などのときに見せれば、将来性を買ってもらえる可能性は高いです。

将来的に長く働きたいと思っている人材であれば、100床以上の大きな民間病院からもニーズがありますし、100床もない単科のクリニックなどからも募集は出ています。もちろん療養型の施設からも求人はあります。 その意味では若いので求人があり過ぎて自分では選びきれないほどだと思います。転職エージェントなどを選んで仕事探しの手伝いをしれもらうといいかもしれません。

■転職エージェントは将来のキャリアプランも一緒になって考えてくれる
転職エージェントとは、そもそも民間企業が運営するハローワークのようなサービスです。民間の病院やクリニックを中心に数万件の求人を抱えている人材あっせん業者ですが、その手のサービスは単に求人を紹介してくれるだけではありません。

登録をすると専任の担当者が配属されますが、その手のスタッフは20代の精神科医のキャリアプランを一緒になって考えてくれるのです。そのキャリアプランに沿って次の転職先がどのような場所がいいのか紹介をしてくれます。 就職で引っ越しが必要となれば不動産屋さんを紹介してくれますし、待遇などの面で不満があれば、代わりに年収交渉なども引き受けてくれます。それだけのサービスが受けられて利用も登録も完全に無料なので、20代で医局の後ろ盾を失い、自分の手で就職先を探さなければいけない先生にとっては、不可欠のサービスといえるかもしれません。

以上、20代の精神科医が求人を探すときの注意点をまとめましたが、いかがでしたでしょうか? 医局の後ろ盾を失った若手の医師は、大手の転職エージェントのようなサービスを利用して、自分のキャリア形成にとって最適な就職先を紹介してもらった方がいいと語りました。 ただ転職サービスは大手が幾つも存在し、それぞれに特長があります。先生との相性もあるので、まずは幾つかに登録をして、使っていく中でメインのパートナーを絞り込んでいくといいと思います。

精神科の医師求人探すならココ!TOP5のサイトを決定!

  サービス名 利用料金 精神科医の求人数 対応地域 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 全国対応 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 精神科医の求人数
  • ★★★★★
  • 対応地域
  • 全国対応




TOP

精神科の医師求人探しのFAQ


Copyright (C) 2013-2018 精神科医師求人ランキング All Rights Reserved.