精神科医師求人ランキング

精神科医師求人TOP >> 精神科の医師求人探しのFAQ> 精神科の医師の採用基準は?

精神科の医師の採用基準は?

求人が多くそれだけ採用される医師が多い精神科医ですが、他と同じ医師である立場は変わらないので採用されるにはそれなりの基準を満たしていなくてはいけません。特に転職の場合は即戦力がある医師を優遇するため、経験やスキルがある医師ほど採用率が高く病院からも重宝されます。資格やスキルを持っているのは大前提ですが、転職の時に特に見られる採用基準はずばり年齢です。転職は年齢が低いほど有利と言われますが、年配だからといって100%不採用になる訳でもありません。以下の年代別の転職ポイントを参考に、転職するか否かを決めると良いでしょう。

まず30代の転職ですが、一番転職する時期にも適しておりニーズが高いため採用されやすい傾向にあります。若過ぎても経験が浅いと判断されるため、30代が転職には一番向いていると言えます。求人数は首都圏や地方に関わらず存在しており、特別求職に困ることはないでしょう。また意外と思われるかもしれませんが、精神科医も肉体労働が多く体力を必要とする職種です。体が若く体力がある30代だからこそ任せられる仕事もあるため、採用後は病院に重宝されやすいと考えられます。もちろん若ければいい訳ではなく、転職前の経験を生かせるかが重要なポイントです。

次に40代ですが、30代とまではいかなくてもそれなりの求人数があります。40代は医師経験も豊富で即戦力になりやすいため、病院によってはあえて40代を選ぶケースもあります。しかし40代前半と後半では採用基準も異なることがあり、求人の募集要項を見ても40代前半の求人があるのに40代後半の求人は少ないこともよくあります。40代になるとやはり若い医師ほど採用されやすい傾向にあります。

次に50代ですが、意外なことに精神科の求人では一番ニーズが高いとされています。50代の精神科医は首都圏でも地方でも多く求められている人材であり、非常に転職しやすい年代です。理由はいくつかあるでしょうが、全国的な精神科医の医師不足によるものと、ベテラン医師であることが大きな理由として挙げられます。精神科医は人を診れば診るほどより的確な判断が下せるようになるのです。

一般職の場合は年齢が低いほど有利でも、医師はまた別であることがわかります。施設によっては年齢を気にせずに募集しているところもあるため、積極的にエントリーしてみると良いでしょう。エントリーは医師専用求人サイトに登録すると簡単に進めることができます。登録は無料なので是非活用してみてはどうでしょうか。

精神科の医師求人探すならココ!TOP5のサイトを決定!

  サービス名 利用料金 精神科医の求人数 対応地域 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 全国対応 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 精神科医の求人数
  • ★★★★★
  • 対応地域
  • 全国対応




TOP

精神科の医師求人探しのFAQ


Copyright (C) 2013-2018 精神科医師求人ランキング All Rights Reserved.