精神科医師求人ランキング

精神科医師求人TOP >> 精神科の医師求人探しのFAQ> 精神科の医師で年収2000万の事例は?

精神科の医師で年収2000万の事例は?

精神科は診療科の中でも現在人気の科のひとつで、ストレス社会で心の病気を患う人が増えている中、人気がどんどん高まってきています。そんな精神科で働く医師の年収で2000万円を超えることは可能なのでしょうか。

統計を見てみると40代の精神科医のうち8%、50代の精神科医のうち25%は年収2000万円以上をたたき出していることがわかります。60代になると働き方が変わってくるのか、2000万円以上をもらっている精神科医は統計上1%未満です。また30代で2000万円以上をもらっている人も1%未満のため、若いころに経験を積み、40代で2000万円の年収を目指すのが妥当です。

また地域別にみると、大都市がある関東や関西では2000万円以上の年収がある精神科医は1%未満であることもわかります。現在中規模都市を中心とした地方都市での精神科医の需要がかなり高まっていると言われていますが、地域にこだわりがないのであれば、地方で精神科医として働くことで、2000万円以上の年収が見込める可能性がグンと上がります。特に北海道や東北地方では2000万円以上もらっている常勤の精神科医のパーセンテージが約30%と、かなりの部分を占めています。

ネットで2000万円以上の年収の高額な精神科医の求人を検索しても、その多くが地方で働くことができる医師を対象にしていることがわかります。今後、精神科医としてステップアップを考えているのであれば、地方も視野に入れたほうがいいでしょう。また、2000万円以上の精神科医の求人は、ある程度の経験を求められているものがほとんどです。求人を見ると、研修医時代を含めて、いかに20代、30代で経験を積むことが大切かどうかがわかるでしょう。また精神保険指定医の資格があるかどうかも高額年収を手にできるかどうかに大きく関わってきます。若いうちにこの精神保健指定医の資格を取っておくことは年収アップを目指すうえでとても大切です。

また、精神科医の生え抜きではなくても、年収2000万円以上を目指すことは可能です。特に、内科や外科で精神疾患の合併症を持つ症例をたくさん診てきた場合、その経験がかなり考慮される傾向にあります。それから、女性の妊娠・出産・育児に対する理解を持つことができる、出産経験のある女性の医師に対してもかなりの需要が見込めます。精神科と言っても症状は様々で、特定の症状に特化している病院やクリニックもあるのでそちらを目指すのも一つの手です。

精神科の医師求人探すならココ!TOP5のサイトを決定!

  サービス名 利用料金 精神科医の求人数 対応地域 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 全国対応 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 精神科医の求人数
  • ★★★★★
  • 対応地域
  • 全国対応




TOP

精神科の医師求人探しのFAQ


Copyright (C) 2013-2018 精神科医師求人ランキング All Rights Reserved.