精神科医師求人ランキング

精神科医師求人TOP >> 精神科の医師求人探しのFAQ> 精神科の医師で年収1000万の事例は?

精神科の医師で年収1000万の事例は?

精神科で働く医師で年収1000万を得ることは可能なのでしょうか。結論から言えば、もちろん可能です。精神科医の年収は年齢・経験に比例して上がっていきます。もちろんどんな病院で働くのか、どこの都市で働くかによって大きく異なりますが、年収平均を見ると、30代の約60%の精神科医が年収1000万円以上、40代は約70%以上が年収1000万円以上、50代は約80%以上が年収1000万円以上、そしてなんと60代では100%が年収1000万円以上という統計が出ているのです。精神科医として働き続ければ、1000万円以上の年収を手にすることは難しいことではありません。

例えばAさんは、中部地方の地方として精神科医として働いている40代の男性です。民間の病院で、週4日の常勤として勤務しています。彼は研修医時代から年収が700万円あり、20代で800万、30代で1000万を超える年収を手にしました。40代の現在では年収は1400万円あり、それを資金として不動産投資を副業として行っています。30代後半から年収が高めで安定したので投資をはじめたというケースです。

また医師の中には、他の活動を本業とする傍ら医師として働いている人、趣味やプライベートを重視して医師として働いている人というのもいます。ある程度経験を積んでいることが最低条件となりますが、中には週2日しか働いていないのに、年収1000万円を医師として手にしている人もいます。医師というのは、時給換算すると平均で1万円程度となっています。時給が1万円もらえるとして、医師として働く日は8時間働いたとすれば、週2回働くことで計算としては1000万円の年収です。ただ、この働き方は若いうちからできるわけでもありませんし、長年精神科医として働いたからと言って必ずしもできるわけではありません。

この働き方をするためには、研修医時代から誰よりも努力して勉強をし、臨床でも経験を積むことが大切です。また実際は週2日勤務でも1000万円の年収を手にできる実績を持った医師でも、なんとなく週2日しか働かないことに不安を覚える人というのは多いようです。実際に調査してみると、家族や家庭の事情以外で週2勤務をしている精神科医のほとんどは、他に確立した副業を持っているケースが多く見られます。医師としてだけで生計を立てている人も多いですが、実業家だったり芸能活動、執筆活動などを行っている人も珍しくはありません。こういった人は、自分が週2日勤務で1000万円を得ることができるというメリットを生かしているようです。

精神科の医師求人探すならココ!TOP5のサイトを決定!

  サービス名 利用料金 精神科医の求人数 対応地域 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 全国対応 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 精神科医の求人数
  • ★★★★★
  • 対応地域
  • 全国対応




TOP

精神科の医師求人探しのFAQ


Copyright (C) 2013-2017 精神科医師求人ランキング All Rights Reserved.